りんご4971の食べ方はバラエティに富んでいる!

りんごは生で食べたり、焼いたりするだけではなく、さまざまな方法で楽しむことができます。りんごを細かく刻んでレモン汁をふりかけてから、柔らかく煮てつぶしたサツマイモと混ぜれば、きんとんになります。好みで砂糖を加えて味をととのえることがコツです。酸味が漂うきんとんですから、爽やかな味わいです。ガーゼに包んで形をととのえれば、おしゃれな一品になります。また、りんごをジュースにする方法もおすすめです。皮を剥いて一口サイズに切ったりんごと水、レモン汁をミキサーにかけるだけですから、誰でも簡単に作れます。すり下ろしたニンジンを加えると、さらに栄養価がアップします。あらかじめ水とレモン汁を冷やしておくと、よりいっそうおいしくなりますから試してみましょう。りんごジュースを温めて、ゼラチンを加えてから冷蔵庫に入れて固めると、ゼリーになります。さらに、八分の一に切ってから、水とレモン汁、砂糖と一緒に煮込んだりんごは、胃腸に優しいのでおすすめです。冷蔵庫に保管しておけば、よく冷えて夏にぴったりなおやつになります。生クリームやミントの葉を添えると、見た目が豪華になりますので、おもてなしのおやつとして最適です。