持ってみればわかる?おいしいりんご4971の特徴とは

季節になるとりんごはたくさん店頭に並ぶようになりますが、どれが一番甘くておいしいのだろうかと悩むことは珍しいことではありません。農家でりんごを育てていないとなかなかりんごの見分け方はわからないでしょう。りんごは店頭に並んでいるのを見て、そして手に取って見てみるとおいしいものかどうかは判断できます。並んでいるのを見ると大きいのから小さいのまでありますが、その中くらいのものを選ぶのが無難です。大きくなると大味なものがあり、小さいとまだ未熟で甘味が少ないものがあります。失敗がないという意味で中間的な大きさを選ぶと間違いはありません。次に見るのが枝の部分です。ここがしっとりとしているものは収穫したてなので新鮮だとわかります。乾燥しているものは避けましょう。次に手に取ってみて重さを確認し、同じ大きさなら重いものを選ぶのが確実です。果汁や糖分を十分に含んでいることを意味しています。これでも大丈夫なら、ひっくり返してみてお尻の部分まで色づきが良く、全体に色むらがなくて目立った傷や虫食いの痕跡がなければほぼ合格です。そして、香りがしっかりとしていれば正に熟しているりんごなので甘くておいしいと期待できます。